ノンシリコーンの効果

ノンシリコーンの効果

ノンシリコーンシャンプー

利尻カラーシャンプーは、ジアミン、タール系色素、パラベン、酸化剤、シリコーン、香料、鉱物油などが無添加であることを表明しています。とくにシリコーンが無添加であること、つまりノンシリコーンシャンプーということは、利尻カラーシャンプーの特徴のひとつとしてあげられています。ノンシリコーンシャンプーのメリットとはどういうものなのでしょうか?


そもそもシリコンとは

ノンシリコーンシャンプーは、シリコンが入っていないシャンプーのことですが、そもそもシリコーンとは何なのでしょうか。シリコーンは、化学反応によってつくられる人工物質です。シリコーンの特徴として、化学的に安定していて酸化・分解されにくい性質を持ちます。また、生理活性といわれる、化学物質が生体の特定の機能に作用する影響力が低いため、毒性を小さく保つことができ、さまざまな分野で応用だれています。化粧品においては、主に、伸びがよくべたつかない肌触りを実現するための分散剤として使用されることが多く見られます。シリコーンは、製造方法によって、オイル(液体)のように使用されたり、ゴム(固体)のように使用されたり、さまざまな形状で用いられます。豊胸手術などで使用されるシリコーンは、固体シリコーンの一種ですね。


シリコーンの使用目的

シリコーンとは、化学的には、シロキサン結合による主骨格を持つ合成高分子化合物の総称です。化合物の名称は多数ありますが、シャンプーの成分として用いられることが多いのは、ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンなどです。これらの表示があると、それはノンシリコーンシャンプーではなく、シリコーンシャンプーということになります。表示を見る際の注意点はここですね。シリコーンをシャンプーに用いる目的は、指通りを良くする、ということです。激安シャンプーでも、少量で泡立ち豊か・・というものはありますよね。これはまさに、シリコーンの助けを借りて実現しているものなのです。


シリコーンのマイナス影響

シリコーンのマイナス影響としては、大きく3点が指摘されています。

シャンプー本来の目的である洗浄力が落ちる

シリコーンは本来、コーティング剤としての役割を果たしますので、洗浄するもの(シャンプーの場合は毛髪)をコーティングして、洗う必要があるものを逆にガードしてしまうという悪影響が出ます。

毛髪および頭皮の健康を損ねる

シリコーンはコーティング剤として機能しますが、髪の補修効果、浸透保湿効果はありません。シリコーンによって手っ取り早く手触り良くはなるけれども、髪本来の健康には役立っていないのです。

毛穴をふさいでしまう場合がある

シリコーンが毛穴をふさいでしまい、その悪影響が指摘されることもあります。ただ、これは髪の伸びる速度に個人差があることもあり、影響にも個人差が大きいようです。

利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプーは、利用者の健康も考え、シリコーンを用いないノンシリコーンシャンプーにこだわっています。シリコーンを使っていないのに、これだけ泡立ち豊かなのは長年の研究の成果でしょう。毎日使うことで髪を自然に黒々とした若々しい状態に戻してくれる利尻カラーシャンプー。健康にも配慮されていて、安心して毎日使用を続けることができます。