正しいシャンプーの方法

シャンプーは頭皮へのマッサージ

シャンプーってどういうこと?

シャンプーという言葉は、ヒンディー語の「チャンプー」という言葉が語源となっていることをご存知でしょうか。チャンプーには「マッサージする」という意味が含まれています。髪の健全な成長のためには、頭皮をやわらかくして、血行を良くすることが重要です。頭皮は、他の皮膚とは異なって、皮膚の下に筋肉がありません。さらに身体の一番上にあることから、ただでさえ血行が悪くなりがちな部分です。シャンプーのときにしっかりマッサージも行うこと、語源通りに、マッサージを意識しながら洗う必要があるのです。


正しいシャンプーの回数

シャンプーをすると髪が抜けてしまうことを気にして、シャンプーの回数を控えるひとがいますが、これは間違っています。そもそも毛髪は毛周期に従って、一定の本数は毎日抜けていくものです。個人差はありますが、平均的には、毎日50〜90本程度は抜いていくということです。毛髪にとって重要なのは、シャンプー時の頭皮のマッサージ。髪を洗うことが悪いわけではありません。平均的な脂分の人で、一日1回、脂分が多い人は一日2回程度が適切です。頭皮が乾燥傾向の方、頭皮に炎症が発生している方は、2日に一度という割合でも良いようです。


正しいシャンプー方法

(1)まず髪を梳かしてもつれをとく。髪を梳かさないままにシャンプーすると、髪の毛に無理な力が加わってしまう原因となります。
(2)髪と地肌を十分に濡らす。シャンプーの泡立ちも良くなりますし、汚れの70〜80%は素洗いのみで除去できます。
(3)シャンプーは2度洗いする。1度目は頭皮の油分を落とすため。2度目は頭皮のマッサージのためです。2度目のシャンプーの量は、1度目の半分程度でOKです。
(4)たっぷりの泡で洗う。爪が伸びている場合は、シャンプー専用のブラシなどを用いるとうまく行きます。
(5)すすぎは十分に行う。シャンプーの成分が残ると、フケや痒みの原因になってしまいます。

カラーシャンプー使用時の注意点

すすぎを十分に行うこと、これはカラーシャンプーを使う際も忘れてはいけません。利尻カラーシャンプーでも、すすぎは十分に行うように説明されています。ちょっともったいない気もしますが、着色力は泡立てる過程で十分確保されていますので、しっかりすすぎは行いましょう。毎日正しく洗うことで、黒々と健康的な髪の毛が戻ってきます。